僕は、高校生の頃からずっとニキビで悩んできました。


今までニキビに効くとされていることをたくさんやってきましたが、
どれも僕には合わなくてニキビが全く治らない状態が続きました。



最近やっと、ある商品のおかげで改善することができたのですが、
それまでは、ニキビがあることで
自信もなく恋愛もろくにできないような状況でした。



ニキビがヒドかった時の苦しみとか経験を皆さんに伝えることで
今ニキビに苦しんでいる方の力になれたらなと思っています。



ニキビのせいで自信がなかった

僕は、高校一年生の夏頃からニキビができ始めました。
ニキビができ始めた時は、「うわ。最悪だ。でも、まあ治るだろ。」と思ってました。
洗顔や化粧水も全くしてなくて、ノーケアでした。



高校二年生になって、高校入学してから初のクラス替えがありました。
僕の学校は、共学だったのでクラスの男子は、
みんなどんな女子と一緒のクラスになるのかソワソワしてました。
僕も可愛い人と一緒のクラスになりたいなと思っていました。



新しいクラスが発表されて、自分のクラスに行って周りを見渡すと
僕のタイプな女子がいました。
「可愛いな。彼氏いるのかな?彼氏はいなくてもこんなに可愛かったらモテるだろうな。」
と考えていました。



クラス発表があった次の日にオリエンテーションがありました。



オリエンテーションでは、自己紹介をしました。
タイプな女子の名前や部活を知らなかったので、「何て名前なんだろう?何部なんだろう?」と気になっていました。
僕のタイプな女子の名前をここではAさんとします。



出席番号順で、自己紹介をすることになりました。
「Aさんまだかな?早くAさんの自己紹介始まらないかな?」と思いながら
Aさんの前の人まで聞いていました。



Aさんの自己紹介が始まりました。
「やっと始まった。」と心の中で思っていました。



僕は、「〇〇って名前なんだ。部活は吹奏楽なんだ。
何の楽器しているんだろう。」って思いました。
(僕の学校ではクラス替えの時に名前は、わからないようになっていたんです。
名字だけ、黒板に貼られていたので、下の名前が気になっていました。)



自分のタイプの人だと、自然と興味が出てしまいますよね。
「Aさんって吹奏楽部なんでしょ?何の楽器しているの?」とか「どんな曲を演奏するの?」とか
積極的に話しかけれればよかったんですけど、高校二年生になった頃には高校一年生の頃よりもニキビができてしまっていて
消極的になっていたので、聞くことができませんでした。



高校二年生になってからは、どこかに行く時や誰かに会う時(宅急便の人が来た時)は、必ずマスクをしていました。
もちろん学校にも毎日マスクをして行ってました。



近所のコンビニに行く時も、マスクをしていました。
近所なら別にマスクしなくていいんじゃないの?とかそんな誰もあなたを見てないよ。と
思う方がいるかもしれませんが、当時の僕にとってはとても周りの視線が気になっていました。



好きな人や気になる人にニキビを見られたくないんじゃなくて、
誰にもニキビを見られたくなかったんですよ。



なので、夏のめちゃくちゃ暑い日でも誰かにニキビを見られるよりは、マスクをしてニキビを隠した方がマシだと思っていました。
そんな状態だった僕は、ニキビのせいで本当に消極的になってしまって、自分からは何も話さない生活を送ってました。



ニキビが増えると、遊ぶ気力もなくなってしまいます。
友達から「遊びに行こうよ。」と言われても「俺はいいや」と言ってました。
なるべく外に出たくないんですよね。



何で外に出たくないと思いますか?



さっきの話になりますが、外に出るとニキビを誰かにニキビを見られるし、
マスクをしなければならなくて面倒だからです。
なので、ニキビが増えるにつれて一人になりがちになりました。



時間が経つのは、早いもので高校三年生になってしまいました。
Aさんの話に戻しますが、高校二年生の頃は結局、一度も自分からは一度も話せませんでした。
高校三年生は高校生活の中で、一番早く一年が終わる感じがしますよね。
だからこそ、「話し掛けよう。このまま話なかったら、後悔する。」と思いました。



話しかけなきゃ何も始まらないとわかっているけれど、
「肌が汚いと思われたくない。ニキビがキモいと思われたくない。」と 思って
まずニキビを治さないと話しかけれない思いました。
そこで、ネットでニキビ 治す方法で検索してみました。



すると、食事に気をつけたらニキビは治るという記事がありました。
「本当か?そういえば、高校生になってあまりサラダを食べてないな。
食事が原因でニキビができていたのかもしれない。」
と思った僕は、食事に気をつけるようにしました。



食事に気をつけても変わらない

ニキビ 治す方法とかニキビ 治し方で検索すると色んな記事が出てきますね。
その中で、やたらと多いのが「食事に気を付けましょう」ですよね。



じゃあ、食事に気をつけると本当にニキビは治るのか?



私が高校生の時の昼ごはんは、学食で食べたりコンビニで買って行っていました。
コンビニでは、おにぎりかパンを二つと飲み物を買ってました。
学食では、飲み物とつけ麺とかとんかつ定食とかを買って食べていました。
要するに、野菜(サラダ)を食べていなかったんです。



昼ごはんは、栄養が偏ってしまっていたので、夜ごはんは栄養の偏りをなくそうと思って自炊していました。
どんなメニューを作っていたかというと、ニキビ 治す方法とかニキビ 治し方で検索すると
こんな料理を作るといいですよ。みたいなレシピが載っているんです。



そういうレシピを見ながら自炊をしていたんですけど、毎日夜まで部活をやっていた私はこう思いました。
「毎日、自炊なんてやってられるかよ。もっと手軽にニキビを治せるものはないのか?」



自炊なんてせずに、母に言って作って貰えばいいじゃんと思った方がいるかもしれませんね。
何で、母に言わなかったのか。
理由は、単純です。
ニキビが増えてきたから、こんなの作って。何て言えませんよ。
恥ずかしいですし、ニキビを気にしてるの?って聞かれたら面倒だし恥ずかしいし。
(こんなのというのは、ニキビのサイトに載っていたレシピのことです。)




あるサイトでは、ビタミンCかビタミンBかは覚えてませんが、ビタミン何とかを取るするといい。とか
ほうれん草がいいとかバナナがいいとかモロヘイヤがいいとか色々書かれていましたが
高校生が毎日、食材に気を付けて自炊できるわけがないです。



高校生にとっては、現実的ではないですよね。



確かに管理栄養士を付けて食事管理をしたり栄養学をしっかりと学んで食事管理をすれば治るのかもしれませんが、
僕は、管理栄養士を付けて食事管理をしたり栄養学を学ぶのは、めんどくさいなと思いました。



食事管理を徹底的にするということは、好きなものが自由に食べられなくなるということです。
皆さんは、食事管理を徹底的にするのと、食事管理ではなく別の方法で治すのどちらを選びますか?
僕なら、食事管理ではなく別の方法で治しますね。



ニキビが治るのはいいことかもしれないけど、
僕が好きな料理や飲み物が食べたり飲んだりできなくなる人生になるなら嫌です。



他の方法で治したい僕は、ネットでニキビの治し方について検索し始めました。
食事管理は嫌だから他のもの他のものと探していると
こんなサイトを見つけました。



どんなサイトかというと、化粧水や洗顔料をレビューしているサイトでした。
いろんな方が、いろんな商品をレビューしていました。



色々なサイトを見ていくうちに、「この人は、何でもかんでもいい商品でした。って言ってるよな。」と思ったり
「この人は、ダメな商品はダメ。いい商品はいい。と言っているな」と思ったりしました。



やっぱり、何かを買うときに一番知りたいのは、どれが良くてどれがダメなのか。
ニキビに関していうと、どの商品がニキビに効いて、どの商品がニキビに効かないのかですよね。
何でもかんでもいいって言われても、結局どれがいいの?ってなってしまいます。



僕は、この商品は、ニキビに効きます。この商品はニキビに効きません。というのを書いていた
Iさんの紹介していた商品を買うことにしました。
紹介する商品を全部いいと言っている人の商品は、買う気になりませんからね。



ある商品のおかげで人生が変わった

Iさんのオススメしていた化粧水と洗顔料を使い始めた時は、
「本当にニキビがなくなるのかよ。」とか「どの商品を買っても治るわけないよな」と思ってました。



最初の一週間くらいは、半信半疑でしたが徐々に肌に変化が出てきました。



今までは、ニキビができやすい肌でしたが、ある化粧水とある洗顔料を使い始めてからほとんどニキビができなくなりました。



毎日、「どうしたらニキビを治せるのかな?」と思ったり、「何でこんなにニキビができるの?」と悩まなくてよくなったので
毎日がhappyです。



ニキビを治したことで変わったことが沢山あります。
高校生の時に、ニキビが原因で消極的になり全く話せなかった、Aさんとも話せるようになりました。
「ニキビを治したらこんなに自信が出るんだ!!」とびっくりしました。



あとは、全くモテなかったのですが、女子から告白されるようになりました。
告白されたのが小学生以来で嬉しかったです。



あとは、外に出るときにマスクをしなくて良くなったことですね。
ニキビがヒドい時は、マスクでニキビを隠すというめんどくさいよりも
マスクでニキビを隠すことを優先していましたからね。
今考えると、毎回外に出るときにマスクをつけるというめんどくさいことをよくできたなと思います。



あとは、僕が突き放してしまった友達とも今では普通に遊んでいます。
たくさん、楽しいことをできているのでニキビを治して良かったなとつくづく思います。



ニキビを治すことは、メリットしかないと思うんですよね。
自分自身に自信が持てたし、ニキビを隠さなくてよくなったし、友達ともたくさん遊んで思い出を作れたし、彼女もできたし。
ニキビって本当に、自信は奪うし、友達に消極的になって仲良くしてた人も離れていっちゃうし、
彼女もできないし、モてないし最悪なものですよ。



でも、大丈夫です。
何してもニキビが治らなかったそんな僕が
ニキビを治すことができました。




ニキビで悩んでいる人を減らす

僕と同じように、ニキビが原因で自信が持てなかったり、人にどう見られているか過剰に気にしてしまったり、
友達が離れていってしまったり、好きな人ができても肌汚いねとかニキビ凄いねと言われるんじゃない
と思って話せなかったり。



ニキビが原因で、いろんなことがマイナスに行ってしまうんですよね。



全くモテなかった僕。
自分に自信がなかった僕。
友達に消極的になって、友達と遊んだり友達と話さなくなってしまった僕。
好きな人に話しかけられなかった僕。
彼女がずーっといなかった僕。



今では全て真逆になっています。
こんなにも、僕を変えることができたのは、ニキビを治すことができたからです。
僕のようにニキビで悩んでいる人がこのサイトを利用して、少しでも減るようにしたいです。

Sponsored Links