今回は、ニキビのせいでマスクが外せない人は何をすればいいのかについて書いていこうと思います。



今しているスキンケア方法は本当に正しいのか

今やっているスキンケア方法は、絶対に間違ってないと言い切れる自信はありますか?
僕は、高校生の頃にスキンケア方法で大きな失敗をしました。



今考えると、「あの化粧水は、使わなければよかったな。とかあの洗顔料を使わなければよかったな。」と後悔することがあります。
でも、いろんな化粧水や洗顔料を使ったからこそニキビに効く化粧水や洗顔料とニキビに効かない化粧水や洗顔料がわかりました。



ニキビが治らない時、皆さんならどうしますか?
いろんな化粧水や洗顔料を試しますか?それとも、スキンケア方法の知識を身につけて素直に行動しますか?



今の僕なら、絶対に後者を選びますが、高校生のときの僕は前者を選んでしまいました。
ニキビを治せる人とニキビを治せない人の違いは、スキンケア方法の知識があるかないか。
素直さがあるかないか。だと僕は思います。



高校二年生のときは、全くスキンケア方法の知識ありませんでしたし、素直でもありませんでした。
なので、回り道をしてしまったんです。「何で素直に行動できなかったのかな?」って思うときがあります。



ニキビについて調べていると、「〇〇という化粧水がニキビに効きます。」とか
「〇〇という洗顔料がニキビに効きます。」って書かれていたサイトがあったんですが、
高校二年生の頃の僕は、素直さがなかったので試しませんでした。



まず、人の意見を聞かなかったんです。
何で、人の意見を聞かなかったかというと「人の意見を聞いてもニキビが治るわけないだろ。」と思っていたからです。
イチロー選手のように何かで成功している人なら人の意見を聞かないという選択肢はあるかもしれませんが
当時の僕は、スキンケア方法について全く知らないくせにいろんな人の意見を聞きませんでした。



やっぱり、自分よりも知識のある人の意見は聞くべきなんですよね。



人の意見を聞かないとどうなると思いますか?



人の意見を聞かない→いろんな化粧水や洗顔料を試す→ニキビに効かない→どれがいいかわからない
という風になりました。



人の意見を聞いていれば必ずニキビが治っていたとは言い切れませんが、
自分でいろんな化粧水や洗顔料を試して、自分でニキビに効くか効かないかを調べるよりも
ニキビのサイトで、「〇〇がニキビに効くよ。」と書かれていれば〇〇から試していった方がニキビが早く治りやすいですよね。



今更ですが、「人の意見を聞いて素直に行動していたら楽しい青春を過ごせたんだろうな。。。」と思ってしまうときがあります。



さて次は、スキンケア方法についてです。



スキンケア方法の知識は、スキンケア方法を知っている人からしか学べません。



「最初は、スキンケア方法の知識なんて必要ない。」と思っていたのですが、スキンケア方法の知識は必要でした。
スキンケア方法なんて学ばなくてもニキビなんて治せるし。という人はスキンケア方法は学ばなくていいと思います。



高校二年生の頃の僕は、「スキンケア方法なんて学ばなくてもニキビなんて治せるし。」と思っていたのですが
ニキビが治らずに、結局スキンケア方法を学びました。



スキンケア方法の知識を身につけるとニキビは治ると僕が言ったときに
素直にスキンケア方法について学んでみようかな?と思った人はきっとニキビを治せると思います。



スポーツでも、勉強でも、なんでもそうですが、わからないことはわからないでいいんですよ。
これから身につけていけばいいんですから。



でも、素直じゃないと「は?スキンケア方法?そんなの学んでも意味ないだろ」というんですけど
結局、「やべー。ニキビ全然治らない。スキンケア方法を学ばなきゃ。」ってなるんです。
僕がそうでしたからね。



最初から、素直にスキンケア方法を学んだ人と最初は強がって素直にスキンケア方法を学ばなかった人の時間の差は大きいですよね。
学生なら、なおさら時間は大切です。



僕は、素直さがないせいで大切な青春を失ってしまいました。



マスクが外せなかった高校時代


僕は、高校二年生からニキビを隠すためにマスクをつけ始めました。
どんな時にマスクをつけていたかというと、外に出る時と宅急便の人が来た時です。



めんどくさいなと思う気持ちよりも、ニキビを見られたくない気持ちの方が強かったので
マスクをすることは苦ではありませんでした。



一年の中で、一番イヤだった季節は、夏ですね。
めちゃくちゃ暑いですし、蒸れるんですよ。
しかも、汗も出て肌がベタベタするのは最悪でした。



じゃあ、何で暑くてマスクの中は、蒸れて肌がベタベタになるマスクをしないといけなかったのかを考えてみると
理由は、簡単ですね。
ニキビがあるからですよね。



次に、何でニキビがあるのかについて考えて みると、スキンケア方法の知識がないからですね。
もっと厳密に言うと、正しいスキンケア方法を知らないからいつまで経ってもニキビが治らないという状況が続くんです。



スキンケア方法の知識があればどのようにニキビを治していけばいいのか。
また、どんな化粧水や洗顔料を使えばいいのかということがわかりますよね。
スキンケア方法について勉強するだけではニキビは治りませんよ。



ニキビを治すためには2ステップ必要です。
1、正しいスキンケア方法を学ぶ
2、行動する



行動しないとスキンケア方法コレクターで終わってしまいます。
治すためには、「めんどくさい。やりたくない。」と思っても行動することです。
つまり、ニキビがあるせいでマスクを外せない人がやるべきことは、正しいスキンケア方法を学び行動することです。
では、正しいスキンケア方法について次に書いていきます。




正しいスキンケア方法とは?

皆さんは、どんなスキンケア方法を実践していますか?
食事に気をつけるとか〇〇化粧水を使うとか〇〇洗顔料を使うとかいろんなスキンケア方法がありますよね。
僕は、たくさんありすぎて「どれがニキビに効くのかな?」と迷ってしまいました。



たくさんある中でも、よく目にするのが食事に気をつけましょうですよね。
食事に気をつけましょうと書かれているサイトには、ニキビに効くとされる野菜とかレシピとかが載っています。



果たして、高校生が自炊することができるのか。
僕は、毎日自炊は無理でした。



週に一回とか多くても週に二回ならできたかもしれませんが、食事に気をつけるスキンケア方法は毎日やらないといけません。
母に、ニキビがひどくなってきたからニキビに効く野菜を使った料理を作ってなんて恥ずかしくて言えませんよね。



高校生の頃の僕にとって毎日自炊をするということは、現実的ではありませんでした。



じゃあ、どうやってニキビを治したかです。



毎日、部活や勉強で時間のない高校生でもできることは何かな?と
考えた時に化粧水や洗顔料ならできるんじゃないか。と思ったんです。
化粧水を塗る時間と洗顔料を使って洗顔する時間を合わせても自炊するよりは時間を使わなくていいですよね。



いろんなニキビのサイトから気になる人を見つけて、気になる人の記事を読みまくりました。
すると、化粧水はリプロスキン。洗顔料は、Non A.がいいと書かれていたので買って実際に使ってみることにしました。



なんで素直じゃなかったのに、実際に使ってみることにしたのかなんですけど
高校二年生の時にクラス替えがあって、新しいクラスになったんです。
新しいクラスには僕のタイプの子がいて気になっていました。
ニキビがヒドかったせいで、自分に自信がなくて気になる女の子に声をかけることができませんでしいた。



高校三年生になって、卒業が近づくにつれてこのまま気になる子に話しかけれなかったら
「あの時、話しかけていればよかったな。」って後で後悔するな。と思ったんです。
後悔はしたくない。素直に実践してみよう。と思ったので実際に使ってみようと思いました。



リプロスキンとNon A.を使い始めてから徐々に、肌が変わってきました。
ニキビに効く化粧水や洗顔料を使えば、「こんなに早く効果が出てくるんだ。」と思ってびっくりしました。





まとめ


ニキビが原因でマスクを外せない人がやるべきことは
1、正しいスキンケア方法を学ぶ
2、行動する



簡単そうに見えて、難しいんですよね。



僕が正しいスキンケア方法について学んでいたときに
「本当に正しいスキンケア方法を学んだらニキビを治せるのかよ。」とか
「正しいスキンケア方法なんて意味ないだろ。」と思っていました。



ですが、ニキビを早く治すためには正しいスキンケア方法を知っておく必要があります。



「めんどくせー。やりたくねー。」と思っても、少しずつ学んでいると意外にニキビが早く治りますよ。









Sponsored Links