今回は、ニキビがひどい人がやっている間違ったスキンケアについて書いていこうと思います。





ニキビを治す方法といったら?

ニキビを治す方法と言ったら、どんなことを想像しますか?
僕は、化粧水や洗顔料などを想像します。
化粧水や洗顔料は、市販のものからネット販売のものまで、たくさんの種類がありますよね。




僕は、「どれがいいんだよ。」といつも思っていました。




ニキビがひどくなってくると早くニキビを治したい気持ちから、
「早くニキビを治したいから本当にニキビに効く化粧水や洗顔料を教えてくれ。」と思ってしまいますよね。




そんなことを思っていた僕が、どの化粧水や洗顔料を選んでスキンケアをしたのか
なんで、スキンケアをするようになったのかについてこれから書いていこうと思います。




僕は、高校一年生の頃からニキビができ始めました。
高校一年生の時は、「スキンケアなんてしなくていいや。」と思っていたのでしませんでした。
僕が、スキンケアをするようになったきっかけについて少し書きたいと思います。




僕の高校は、高校一年生から高校二年生に上がるときにクラス替えがあって、
高校二年生から高校三年生に上がるときにはクラス替えはない学校でした。
クラス替えのときは、「どんな女子と一緒のクラスになるのかな?可愛い人と一緒のクラスになりたいな。」と思って
いました。




新しいクラスに行くと、僕のタイプの子がいたのですが、高校二年生の頃の僕はニキビがひどくて話しかけることができませんでした。
高校二年生のときは、ニキビが治らず結局話しかけることができませんでした。
高校二年生のときになぜニキビが治らなかったのかというと間違ったスキンケア方法をしてしまっていたからなんです。





青春を間違ったスキンケア方法のせいで失った

僕が最初にやったスキンケア方法は、間違っていたのでニキビを治すまでに時間がかかってしまいました。
ニキビを治すまでに、時間がかかったがために青春を思いっきり楽しむことができませんでした。
青春といえば、文化祭、体育祭、恋愛など様々なことがありますよね。




僕は、文化祭や体育祭などの学校行事が好きではありませんでした。
学校行事の中でも、一番嫌いだったのは文化祭です。
何でかというと、ニキビのせいで楽しめないからです。




僕のクラスは、アイスを出店したのですがみんな楽しそうにやっていました。
「あの子可愛いよな。俺らのクラスに来てくれないかな。」とか
「LINE聞いてみる?」とか
とにかく楽しそうで羨ましかったんですけど
当時の僕は、「なに張り切っているんだよ。バカじゃね。」と思っていました。




ニキビをもっと早く治せていれば、「文化祭を楽しんだり恋愛をしたりできたのにな。」と後悔しています。




では、どんなスキンケア方法をすればニキビが早く治るのか。
また、どんなスキンケア方法をしたら僕みたいにニキビが治らずに
時間だけがすぎていってしまうのかを次に書いていこうと思います。




市販の洗顔料を使っていても一生ニキビは治らない


僕が高校生の時にやったスキンケア方法について書いていきます。
僕が、初めて化粧水や洗顔料を使ったのは市販のものでした。




最初は、市販の化粧水や洗顔料の種類が多くて
どれがニキビに効いて、どれがニキビに効かないのかわからなかったんですけど
ネットで調べたり店員さん聞いたりしてやっと分かるようになりました。




そして、市販の化粧水と洗顔料を買って実際に使ってみたんですけど、全くニキビに効きませんでした。
「なんでニキビに効かないのかな?」と疑問に思いました。
(高校二年生の頃の話です。)




高校生の頃の僕にとって、化粧水と洗顔料で1000円ずつの合計2000円の出費は大きかったです。
「化粧水と洗顔料を合わせて2000円も払って買ったのになんでニキビを治せないんだよ。」とイラッとしました。




高校三年生になって、「気になる子に話しかけて仲良くなりたい。」という気持ちや
「このまま、気になる子に話しかけれなかったら後悔する。」という気持ちが強くなりました。




卒業が近づくにつれて、「早くニキビを治して、気になる子に話しかけたい。」と思った僕はネットでニキビを治す方法を調べました。
すると、ニキビに効くとされている化粧水や洗顔料を紹介しているサイトを発見しました。
そこには、「化粧水は、リプロスキン。洗顔料は、Non A.を使えばニキビは治る。」と書かれていたんです。




ニキビを治す方法を調べていくと、たくさんの方がたくさんの化粧水だったり洗顔料をレビューしていました。
中には、紹介する商品全てをニキビに効くといっているサイトもありました。
「この人なんでもかんでもいいっていうんだ。」と思って何でもかんでもニキビに効くといっていた人の
サイトを見るのをやめました。




なんでもかんでもいいっていう人いますよね。
僕の学校にもいました。
これ!って言えない人やどっちでもいいって人よりは、これ!って言い切れる人の方が信用できますよね。




さっきの「化粧水は、リプロスキン。洗顔料は、Non A.を使えばニキビは治る。」ってリプロスキンとNon A.を使って
ニキビを治した人にしか言えませんからね。
本当に早くニキビを治したかったので、リプロスキンとNon A.を買いました。




買うときの話なんですけど、リプロスキンもNon Aも値段が高いんですよね。
「化粧水は、リプロスキン。洗顔料は、Non A.を使えばニキビは治る。」というサイトを見てすぐにリプロスキンとNon Aを
ネットで調べたんです。そしたら、めちゃくちゃ高くて笑いました。




「え?こんなに高いの?」って。
「こんなに高いくせにニキビが治らなかったらどうしようかな。」とか「本当に治るのかよ。」って思ったのですが
早くニキビを治すためには、リプロスキンとNon A.しかないと思って、お年玉で買いました。
(ちなみに、返金保証がついています。)




リプロスキンとNon A.は、確かに値段は高かったです。
ですが、リプロスキンとNon A.を使い始めて徐々に肌の状態が変わってきました。
そして、高校三年生の後半にはニキビが治って気になっていた子に話しかけることができました。




最初は、ニキビを治すためにリプロスキンとNon A.を買ったのに、今ではニキビ予防としてまだ使い続けています。
本当にニキビに効く商品に出会えてよかったなと思いましたし、市販の化粧水や洗顔料を使わずに
リプロスキンとNon A.を最初から使っていれば、もっと早くニキビが治っていたと思うと
「市販の化粧水や洗顔料を使わなければ、青春をもっと楽しめたのかな?」って思います。




確かに、市販の化粧水や洗顔料は安くて高校生でも買いやすいんですけど、ニキビが治るか治らないかで言えば
僕は、市販の化粧水や洗顔料でニキビを治すことができませんでしたからね。




安いからダメ。高いからいい。ってことではなくて、本当にニキビを治せる商品なのかどうかです。
今から、化粧水や洗顔料を買う方は、手に取った商品が本当にニキビに効くのかな?と考えてみるといいかもしれませんね。






まとめ


市販の化粧水や洗顔料では、ニキビは治せないと思っています。




なぜなら、僕が市販の化粧水や洗顔料を使ってニキビを治せなかったからです。
「市販の化粧水や洗顔料は全然ニキビに効かないじゃん。時間の無駄だった。」って思うときもあります。




でも、今こうやって僕の失敗の記事として書くことで「時間を無駄にしてしまう人が減るならいいかな。」とも思いますけどね。




市販の化粧水や洗顔料は安くて、手を出しやすいかもしれませんがニキビを本当に治したいなら
使わない方がいいと思います。




じゃあ、何を使ったらニキビを早く治せるのかですがリプロスキンとNon A.です。
化粧水がリプロスキン。洗顔料がNon A.です。




僕のように、青春を無駄にしないためにも、本当にニキビを治すことのできる商品を使った方がいいと思うんですけどね。













Sponsored Links