ニキビは、皮膚科に行けば治ると思っていませんか?


僕は、ニキビは皮膚科へというCMを見てニキビができたから皮膚科に行こうと思って皮膚科に行ったことがあります。
でも、ニキビは治らずお金だけを取られた感じがしました。



ニキビができたら皮膚科に行くというのは正しいんですかね?
僕は正しいことだとは思いません。




なんでニキビができたら皮膚科に行くことが正しくないのか
ニキビがヒドかった高校二年生の頃の経験をもとに書いていこうと思います。




皮膚科に行こうと思ったきっかけ

皮膚科に行く前にニキビを治すために、食事に気をつけて栄養バランスを整えるというのをやりました。
簡単に説明すると、ニキビのために部活から帰ってきて自炊をしていたんです。
栄養バランスに関する記事は、書いているので詳しくはそちらを読んでください。




食事に気をつけて栄養バランスを整えることに失敗した僕は、ネットでニキビを治す方法やニキビの治し方で検索して
高校生の僕でもできることを探しました。




実際にネットでニキビを治す方法やニキビの治し方で検索してみると同じようなことが複数のサイトで出てきます。
食事に気をつけて栄養バランスを整えるとニキビは治ります。っていう記事と同じくらい出てくる記事が
「ニキビは皮膚科に行けば治る。」です。




「確かに、皮膚科は病院だし治してくれそうだな。」って思っていました。
ニキビがヒドかった僕にとって、ニキビが治るかもと思うことは希望でした。




「皮膚科に行けばニキビが治るんだ。」って思ったので皮膚科に問い合わせて予約しました。




そもそも何でニキビを治したかったのかについて話そうと思います。




僕の高校では、高校一年生から高校二年生に上がる時にクラス替えがあるんですね。
高校一年生から高校二年生に上がる時にクラス替えで僕のクラスに僕のタイプの子がいたんです。




僕は、ニキビが多くて肌が汚いせいで自分に自信が持てなくてきになる子に話しかけることすらできませんでした。




なぜ、話しかけられなかったのかというと「うわ、ニキビひどいね。肌汚い。」って思われたくなかったんです。
クラスにニキビひとつな男子がいたんですけど、
「何で、〇〇くんはニキビできないんだよ。」って肌の綺麗な人を見ては嫉妬していまいした。




要するに、何でニキビを治そうと思ったのかというと気になる子に話しかけれるようにするためです。






皮膚科に行ってニキビは治ったのか

皮膚科に行く日の朝のことです。




「あ〜〜今日皮膚科に行くのか。汚い肌を見せたくないな。汚い僕の肌を見て何と思うのだろう。」って思っていました。




高校二年生の時は、毎日マスクをして学校に行っていました。
宅急便の人が来る時も、家の近くのコンビニに行く時もマスクをしてニキビを見られないようにしていました。
それほど、誰にも見せたくなかったニキビを誰かに見せる日というのは緊張しましたね。




「いくら医者でも、なるべくなら見せたくなかったです。」

皮膚科に行く日の学校で考えていたことは、
「皮膚科に行ったら本当に治るのかな?汚い肌を見せたくないな。」など。
とにかくニキビで皮膚科に行くのが初めてだったので緊張しました。




学校が終わって皮膚科に向かう途中もずっと考えていました。
「あ〜汚い肌を見せるのか。本当に治してくれるんだよな?」って。




皮膚科について診察されるまでの時間も「ニキビを見せないといけないのか。。。」って思っていました。




僕の名前が呼ばれて、中に入るとそこには医者がいました。




医者に、マスクとってくれる?って言われた時「とうとうニキビを見られてしまうのか。」って思ってマスクを取りました。




ニキビはいつ頃からできたの?とかニキビができ始めて何かやってみたことはある?とか色々質問をされて僕が答えてを
繰り返すと、薬を出しておきますのでそれを塗って様子を見ましょう。ということになりました。




その時にもらった薬がこちらです。


IMG_9201 (1)

初めてニキビに効くとされている薬をもらった時は、「やっとニキビを治せる。」って思っていました。
部活等で忙しかったので、一ヶ月分処方してもらって一ヶ月後に、ニキビがどうなったのかを見せに行くことになりました。




家に帰って「よし、薬塗ろう」って思って初めてニキビに効く薬を塗りました。
痛みとか変な違和感とかも特になく普通の塗り薬と同じなんだ。って思いました。




忙しくても、疲れていても毎日欠かさずもらった薬を塗りました。
薬を塗った次の日の朝は、ニキビ治っているかな?って鏡を見るのが楽しみでした。




「治っているかな?」「あ〜治ってない」を毎朝繰り返し一ヶ月が経ってしまいました。





「皮膚科に行っても全然ニキビ治らねーじゃん。お金返せよ。」って思いましたね。




皮膚科は、ニキビが一つできた時や二つできた時など、ニキビの数が少ない時に行くのはいいと思いますが
僕のように、ニキビがひどくなってから行ってもあまり意味がないな。と思いました。







ニキビがヒドい人が皮膚科に行くよりもするべきこと

皮膚科に行ってもニキビを治すことができなかった僕は、またネットでニキビを治す方法やニキビの治し方で検索しました。




「何かいい方法ないかな?ニキビに効く方法ないかな?」って思いながら調べていると
化粧水や洗顔料を紹介してるニキビのサイトがありました。





どんなサイトかというと、僕は〇〇という化粧水と〇〇という洗顔料でニキビを治しました。
〇〇という化粧水と〇〇という洗顔料を使えばニキビは治ります。って書かれているサイトです。




中には、〇〇という化粧水もいいですし、〇〇という化粧水もいいですし〇〇という洗顔料いいです。みたいになんでもかんでも
いいですよ。ってお勧めしている人もいました。




でも、僕は、なんでもかんでもいいですよ。って言っている人に興味がありませんでした。




なぜかというと、僕はニキビを治せる化粧水だったり洗顔料を知りたかったからです。
あれもいいこれもいいって言われたら、全くニキビに効く化粧水だったり洗顔料を知らない人は
結局どれを使えばいいの?って思ってしまいますよね。




最初は、「また治らないんだろうな。」と思っていたのですが、もうやるしかないし選択肢を一つずつ潰していくしかないな。と思ったので
〇〇という化粧水と〇〇という洗顔料を使えばニキビは治ります。って書かれているサイトを参考にして
化粧水と洗顔料を買うことにしました。




確かに、皮膚科は医者がいますし安心感はありますよね。
ですが、僕のようにニキビがヒドい人が皮膚科に言ってもお金がかかるだけだと思います。




ニキビがヒドい人が皮膚科に行くよりも化粧水や洗顔料を使ってニキビを治した方が早く治ると思います。





Non A.との出会い

僕は、〇〇という化粧水と〇〇という洗顔料を使えばニキビは治ります。って書かれているサイトを見つけたおかげで
Non A.という洗顔料と出会えました。




Non A.を使い始めた時は、「どうせまたニキビ治らないんでしょ。」って思っていました。
ですが、使っていくうちに皮膚科の塗り薬とは違って肌に変化が出てきたんですよね。
やっぱり変化が出てくると、楽しいですよね。




肌に変化が出てきた時に「これはいける。」って思いました。




皮膚科行ったらニキビは、治ると思っていた昔の自分にニキビを治したいならNon A.を使えって言ってやりたいくらいです。



皮膚科に行った時間、皮膚科に払ったお金が無駄になってしまいました。




Non A.のことを最初から知っていれば、皮膚科に行ってなかったでしょうね。




皮膚科に行けばニキビは治るっていうのは、正しくないと思うんですよね。
皮膚科に行くべき人が皮膚科に行けばニキビは治る。は正しいと思います。
皮膚科に行くべき人というのは、ニキビができ始めた人。
つまり、ニキビがヒドくなっていない人です。




ニキビがヒドくなってしまっている人は、僕のようにニキビに効く化粧水だったり洗顔料を使った方が早く治ると思うんですよね。







ニキビを治してから生活が変わった

僕は、ニキビがヒドかった頃、マスクをしていた。だったり
ニキビがヒドかった頃、気になる子に話しかけられなかった。だったり
ニキビがあるせいで、楽しくない日々を送っていました。




ですが、ニキビが治ってからは自分に自信がついて気になる子に話しかけれるようになったり
マスクをせずに外に出たり、マスクをせずに誰かに会ったりできるようになりました。
マスクをせずに生活できることがこんなにも楽なことなのかと思いましたね。




あと、もう一つマスクをしなくなってから気づいたことなんですけど、
空気が澄んだところで、深呼吸すると
「あ〜〜こんな匂いだったな。」ってなりました。




家にいるとき以外は、マスクをしていたので外の匂いがどんな感じだったのか忘れていたんですよね。
「そうそうこの匂いが外の匂いだよ。」ってニヤニヤしてしまいました。




周りから見たら変な人ですよね。




僕みたいに外の匂いを忘れるまでマスクをして行動している人っているんですかね?




もし、今ニキビが、ひどくて毎日マスクをして生活しています。という人がいれば
ニキビが治った時、やってみてください。




面白いですから。




そんな感じで、ニキビが治ってからは楽しいことが増えましたね。




楽しいことは、あったんでしょうけどニキビがあるせいで何事も楽しめなかったんですよね。
毎日が、ニキビのせいで楽しくなかった分、ニキビを治してからの生活は楽しいです。






→Non A.はこちら















Sponsored Links