僕は、ニキビを潰したせいでニキビ跡になってしまったんです。




最初は、ネットに書かれていたニキビ跡は自然治癒できるという記事を信じて
マスクでニキビ跡を隠して放置していました。
ですが、全く自然治癒せれずに時間だけが過ぎていってしまったんですよ。




そして、僕は、再びネットでニキビ跡を治す方法について検索していました。

皮膚科に行けばニキビ跡は治せるという記事を見つけたので皮膚科に行ったんです。
ディフェリンゲルという薬を処方してもらって毎日塗っていたんですが、全くニキビ跡が治りませんでした。




「どうしよう。一生マスクでニキビ跡を隠す生活をしないといけないのかな?」と思いつつ
再びネットでニキビ跡を治す方法について検索していました。
すると、とある通販サイトに出会ってそこには、ニキビ跡に効く化粧水が売られていたんです。




ニキビ跡に効く化粧水を買って数ヶ月使っていると、ニキビを潰す前と同じ綺麗な肌に戻せました。




今回は、ニキビ跡を治したい時に、何をすればニキビ跡を治せるのかについて書いていこうと思います。






皮膚科に行っても頬のニキビ跡は治らなかった

僕が、高校一年生の時に小学生の頃に好きだった人に会うことになったんですが、会う日の数日前にニキビができてしまったんです。




もうその子に気はなかったんですけど、悪く見られたくなかったので
「あ〜どうしよう。どうしたら早く治せるかな?」と思ってネットで調べました。




すると、「ニキビは潰せば早く治る」という記事がありました。
「本当かな?」って思ったのですが、会う時に、「ニキビあるって思われるよりいいか」と思ったのでニキビを潰すことにしました。




ニキビを潰した次の日に会ったのですが、もうニキビの赤みなどは消えていて何もなく綺麗な肌に戻っていました。
「こんなに早く治るならこれからも潰そう」と思っていた数日後、頬にニキビ跡として出てきたんです。




「待って、ニキビを潰したらニキビ跡になるの?」と思ったので詳しく調べてみたんです。
すると、赤ニキビを潰すとニキビ跡になると書かれていました。
「マジか〜。じゃあ、潰したのは赤ニキビだったのか。」と後悔しました。
白ニキビは潰しても、ニキビ跡にならないみたいです。




ちなみに僕が、ニキビを潰したところは頬でした。
とても目立って仕方なかったんですよ。
そこで、どうやって頬のニキビ跡を隠そうかと考えました。




僕がした方法は、「マスクで隠す」ということです。




最初は、頬のニキビ跡を晒しまま学校に行ったり近所のコンビニに行ったりしていたんですけど
段々、人の視線が気になるようになってしまったんですよね。




なので、マスクをするようになりました。




しばらくの間、マスクで隠していたんです。
なぜかというと、ニキビ跡は自然治癒するとネットの記事に書かれていたからです。
(自然治癒というのは、人工的な薬物を投与したりしなくても治る機能のことです。)




ですが、全く頬のニキビ跡が治らなかったんですよ。
「はあ〜頬のニキビ跡なんて超目立つのに、このまま一生マスクで隠さないといけないのかな?」と思いつつ
ネットで頬のニキビ跡を治し方を検索して色々見てみました。




検索結果の中に、「皮膚科に行けばニキビ跡は治せる」という記事があったんです。
「もう一生ニキビ跡を治せないのかも」と思っていた僕にとって皮膚科に行けばニキビ跡を治せるという情報は希望でした。




僕は、「皮膚科に行けばニキビ跡は治せる」という記事を信じて皮膚科に行ったんです。
診察してもらって、薬を処方してもらいました。




当時もらった薬がこちらです。

IMG_9202
ディフェリンゲルはニキビ跡を消してくれる薬として有名のようです。




毎日、寝る前にディフェリンゲルを塗るという生活を数ヶ月続けたのですが、全く頬のニキビ跡が消えなかったんですよ。
「皮膚科に行けばニキビ跡は治せる」は嘘じゃねーか。高いお金を払って行ったのに全くよくならないなんてありえない。って
イライラしながら別の方法を考えることにしました。





頬のニキビ跡を消してくれる化粧水との出会い

再び、ネットで頬のニキビ跡を治す方法について調べました。




すると、とある通販サイトに出会ったんです。
その通販サイトには、ニキビ跡に効く化粧水が売られていて「おお!ニキビ跡に効くに化粧水なんてあるんだ。」って思って
ニキビ跡に効く化粧水を買ってみることにしました。




当時の僕は、市販の化粧水しか使ったことなかったので、通販のニキビ跡に効く化粧水を始めて使った時びっくりしました。
何にびっくりしたのかというと、浸透力の凄さです。
スーッと肌の中に入って行ったので、「何これ?ヤバ。これなら頬のニキビ跡を治せそうだ。」って思いました。




ニキビ跡に効く化粧水を数週間使っていると、徐々に頬のニキビ跡が薄くなってきたんです。
「本当に頬のニキビ跡を消せそう。よかった〜」って思いましたね。




結局、完全に頬のニキビ跡を消すまで数ヶ月かかりましたが、今では、ニキビを潰す前と同じ綺麗な肌に戻りました。
完全に治った時は、文字で表現するのは難しいですけど「おお〜〜。治った。よかった!!」って喜びましたね。





ニキビ跡を治したい人がするべきこと

ニキビ跡には、数種類あるようです。

img_type01 出典:http://www.nikibiato-clinic.com/type/
このような「赤みタイプ」


img_type02 出典:http://www.nikibiato-clinic.com/type/
このような「色素沈着タイプ」


img_type03 出典:http://www.nikibiato-clinic.com/type/
このような「クレータータイプ」


img_type04 出典:http://www.nikibiato-clinic.com/type/
このような「ケロイドタイプ」


ニキビ跡には、これだけの種類がありますが、どの種類でも僕の勧める化粧水を使えば、ニキビ跡を治すことが可能です。




他のニキビ跡のサイトを見て思ったこと

まず、高額な以下のようなことはしなくていいと感じました。


・ケミカルピーリング

・フラクセルレーザー

・フォトフェイシャル

・FGF治療

・培養表皮移植などのような高額なことをしないとニキビ跡は治せない思っている方がいるかもしれませんね。



ですが、高校生には、高いと思いますし、僕がお勧めするニキビ跡を治せる化粧水で十分だと思います。





次に、「しっかり睡眠をとる」ということですがこれは、ニキビ跡と関係ないと思います。



僕が、ニキビ跡は自然治癒で治ると信じていた時しっかり寝ていましたが、ニキビ跡に変化はありませんでした。




ターンオーバーがどうとかホルモンが活発になるゴールデンタイムが22時から2時だから
それまでに寝た方がいいというのは関係ないと思いますよ。




次に、肌の水分不足ですね。




これは、正しいと思います。



僕が、しっかり保湿してない時にニキビ跡が悪化したことがあるんです。
なので、肌を十分に保湿しておくために、浸透力の高い化粧水で保湿するべきです。





次に、ニキビ跡は、ホルモンバランスの乱れによるもの、ニキビ跡は、思春期における男性ホルモンの影響。




これは、全く関係ないと思います。
頬のニキビ跡を治したのは、高校一年生の頃なので男性ホルモンが関係していたとしたら高校生のうちに治っていなかったでしょうね。




次に、食生活を見直し、「タンパク質」「ビタミン(ビタミンB群やE)」「ミネラル(亜鉛や鉄分)」を含んだ食事をする。




僕が高校生の頃、食生活はひどかったです。
マックを夜ご飯にしていた時もありましたし、コンビニのお弁当を夜ご飯として食べていたこともありました。
マックやコンビニのお弁当を食べていたのは、ちょうど頬のニキビ跡を治している時でした。




こんなにひどい食生活でも、頬のニキビ跡は治せたのでそんなに栄養バランスのことを考えなくてもニキビ跡は治せると思いますよ。




次に、適度に運動をすると紫外線対策をする。




適度に運動をすると紫外線対策をするはしなくていいと思いますよ。
なぜなら、僕も大して運動していませんでしたし、紫外線対策なんて一度もしたことありませんから。
そもそも、紫外線を100%防ぐことなんて不可能なんですから、紫外線を浴びた後のケアの方が大事かと思います。




僕が、見つけた以外の通販サイトの商品で、ビーグレンというものがありました。




ニキビで悩んでいる友人がいて、ビーグレンのトライアルセットを試したんです。
クレイローションという化粧水を使ったそうなのですが、全くニキビ跡が治らないどころかニキビが増えたと聞きました。





これらのことから、ニキビ跡を治したい人がやるべきことは
・高額なニキビ治療

・しっかり睡眠をとる

・食生活を見直す

・ホルモンバランスを整える

・ビーグレンを使う

ではないということです。




ニキビ跡を治してからのこと

僕は、頬のニキビ跡を治してからマスクをしなくて良くなりました。
夏の30度を優に超える日もマスクをしていたと考えると良くマスクできたなって思いますね。




僕がマスクを外せたのは、頬のニキビ跡を治すことができて自分に自信がついたからだと感じています。
そして、自信がついてからは友人関係や恋愛でうまくいくようになりました。




例えば、頬にニキビ跡があった時、ニキビ跡を隠さないと外に出たくなかったので
友達に日曜日遊ばない?と誘われても「いいや。楽しんできて。」と言ってしまっていました。




ですが、今では誘われた時は遊んでいますし、僕からも誘って遊んでいます。




恋愛面でも、自信がなかったせいで苦しみました。
頬にニキビ跡があった時は全く女子に話しかけれなかったんですよね。




「この人ニキビ跡があって気持ち悪い」と思われるんじゃないか。と思っていたので。
でも、今では普通に話せるようになりましたし、彼女もできました。




あの時、頬のニキビ跡を治さずにマスクで頬のニキビ跡を隠し続けていたら一生コンプレックスになっていたかもしれませんね。



Sponsored Links