僕が高校生の頃、ニキビを隠すために外に出るときは必ずマスクをしていました。
同じようにマスクでニキビを隠している方がいるかと思います。




でも、実はマスクでニキビを隠すのは絶対にダメなんです。
その理由について、僕の経験から話していこうと思います。




顎ラインにニキビができた原因

僕は、高校二年生の頃からニキビがひどくなってきました。




最初は、「ニキビなんてすぐに治るだろ」と思っていたんですけど
日に日に、ニキビがひどくなってきてしまったんですよ。




ニキビがひどくなってしまってから、周りの視線や周りの笑い声や周りの話し声が気になるようになりました。




どんな風に感じていたかというと、こっちを見てきていたら「ニキビを見られてる。汚いって思っているんだろうな。」
笑い声がしたら、「僕のニキビを見れ、あいつの肌やばくない?汚すぎる。」
話し声がしたら、「僕の肌がニキビで汚いってことを話しているんだろうな。話のネタにされているんだろうな。」



このように感じていました。




今思えば、大したことなくても当時の僕には、外に出れば僕のことをみんなが見て笑っているように思えました。




僕は、周りの視線や周りの笑い声や周りの話し声が気になるようになってからニキビを隠すためにマスクをし始めました。
どんな時にマスクをしていたかというと、学校に行く時はもちろんの事、近所のコンビニに行く時や宅急便の人が来た時もマスクをしていました。
要するに、誰かと会う可能性がある時は、マスクをしていたということです。




マスクは、30度を優に超えるような日もニキビを見られて笑われるよりマシだと思っていたのでマスクをしていました。
夏にマスクしたことある人は、わかると思いますが汗がハンパなくでるんですよ。
夏のしばらくの間、マスクをしていたんですけどある場所にニキビがたくさんできたんです。




それは、どこか。
顎ラインです。




当時は、何で顎ラインにニキビができるのかな?って思って調べたら
顎にできるニキビはストレスだ。と書かれていたんです。
「あ〜ストレスなんだ。仕方ないか。」と思っていたんですけど、でも徐々にストレスではないんじゃないか?と疑い始めたんです。




よく考えてみました。




30度以上の日にマスクをすると、顔から出た汗が顎ラインに溜まるんです。
しかも、マスクは家に帰るまで絶対に外したくなかったので8時間以上汗まみれで湿ったマスクを
ずっとしていた。そりゃ、不衛生で湿ったマスクなんて菌が増殖してニキビができますよね。




「顎ラインのニキビを治さなきゃいけないな」と思ってネットで、ニキビを治す方法について調べることにしました。




顔と顎ラインのニキビを治すものを見つけた

しばらくの間、「顎ラインのニキビを治すいい方法ないかな?」と思いつつネットで探していました。
すると、洗顔料が売っている、とある通販サイトにたどり着いたんです。




その洗顔料について調べて、「これなら、顎ラインのニキビも顔のニキビも治せそうだ。」と思ったので買うことにしました。




とある通販サイトで買った洗顔料を使い続けていると、徐々に肌に変化が出てきたんです。
「この調子で、ニキビが治っていってくれたら綺麗な肌になれる。」と思って使い続けました。
すると、顎ラインのニキビや顔にあったニキビが治ったんですよね。




他のサイトを見て思ったこと

他のサイトで、マスク以外の顎ラインにニキビができる理由が書かれていたので、それらについて僕が思ったことを話していこうと思います。




まず一つ目は、「思春期だから顎ラインにニキビができる」です。




僕は、高校二年生の頃にニキビがひどくなってきたのですがその時は、顎ラインにニキビなんてできていませんでした。
顎ラインにニキビができ始めたのは、マスクでニキビを隠し始めた時だったので
思春期だから顎ラインにニキビができるということはないと思います。




次に、「ストレス」です。




ストレスのせいで、顎ラインにニキビができることはないと思います。
僕が、中学生の頃に白髪が生えてくるくらいのストレスを抱えていましたが顎ラインにはニキビができませんでした。
よって、ストレスと顎ラインにできるニキビの関連性は低いと考えられます。




次に、「睡眠不足」です。




僕が、高校生三年生の頃にはもうニキビが治っていたのですが
受験勉強等で、毎日夜中の2時から3時の間に寝ていました。
睡眠時間にすると、3時間から4時間くらいです。




とあるニキビのサイトには、6時間から8時間寝ないとニキビができると書かれていましたがそんなことはないと思います。
なぜかというと、睡眠時間が3時間から4時間でもニキビは出来ませんでしたからね。




次に、「食事」です。




とあるサイトに、ニキビを治す方法としてビタミンB群を積極的に摂るといいです。
B2 を多く含むのは、レバー、イワシ、納豆、豚肉、きのこ類などです。と書かれていました。




僕が、ニキビを治した時にレバー、イワシ、納豆、豚肉、きのこ類なんて食べてないですよ。
どんなご飯を食べていたかというと、コンビニのご飯とか、おかずとお米です。




栄養バランスなんて一切、気にせずに、ご飯を食べていたんですけど、ニキビは治せたので
食事を気をつけてご飯を食べなくてもニキビは治せます。




次に、「ホルモンバランスの乱れ」です。




とあるサイトに、「ホルモンバランスの乱れるのは思春期の頃だ。」と書かれていました。
ですが、僕は、高校三年生の頃にはニキビが治っていました。




本当に、ホルモンバランスの乱れが原因なら高校三年生の頃もニキビで悩んでいたと思います。
なので、「ホルモンバランスの乱れ」はニキビと関係ないです。




次に、「肌の乾燥」です。




これは、正しいですね。
僕は、ニキビケアをし始めた頃に市販の洗顔料で洗顔していたらニキビが増えてしまったことがあったんです。
なんで、ニキビが増えたのかというと、市販の洗顔料って洗浄力が強すぎたんだと思います。




洗顔している時にヒリヒリしたので、すぐ洗い流したんです。
そして、お風呂から上がって鏡を見たら、肌が赤くなっていました。
日焼けした後の肌のようにヒリヒリしたので、それ以来市販の洗顔料は使わなくなりましたね。





次に、「髭剃り」です。




僕は、髭が顎ラインに生えてこないので髭剃りで顎ラインにニキビができるのかわかりませんでした。
なので、顎ラインの髭がすごい友達に聞いてみたんです。




そしたら、「毎朝、髭剃りするけど顎ラインにニキビは出来ないよ。」と言っていました。
髭剃りのやり方にもよるんでしょうけど、しっかり泡をつけて、髭を剃る分には
顎ラインにニキビができたことがないそうなので、髭剃りと顎ラインのニキビは関係なさそうですね。





最後に、「ケア不足」です。




これは、正しいと思います。
僕も、通販サイトの洗顔料に出会えてなかったら今もまだ、ニキビで苦しんでいたかもしれません。
しっかり、肌のケアをすることは非常に重要だと思います。




顔と顎ラインのニキビを治して思ったこと

僕は、顎ラインのニキビを治してからマスクをしなくていい生活になりました。
今思えば、「30度以上の夏の日によくマスクできたな。」って思いますね。




マスクをしていた時は、周りの視線や周りの笑い声や周りの話し声を気にしていたんですけど
今では、もう全く気にしなくなりましたよ。




なんで、周りの視線や周りの笑い声や周りの話し声を気にせずに外に出れるようになったのか
考えてみました。




僕が、思うに「自信」がついたからだと思います。




ニキビがひどくて、マスクをしていた時は自分に自信がないから周りの視線や周りの笑い声や周りの話し声のような
些細なことを気にしてしまっていたんでしょうね。




ニキビがひどくてマスクをしていた時は、友達とも全く遊んでいませんでした。
「今週の日曜遊ばない?」と誘われても、「いいや、楽しんできて。」と言ってしまって
友達と距離をとるようになっていたんですけど、今では、毎日のように友達と遊んでいます。




顎ラインを中心とするニキビたちを治してから、人間関係が良くなったり恋愛ができるようになったり
いいことばかりで、毎日が楽しいです。





→顎ラインのニキビはマスクのせいだ!マスクをしなくていい生活にするには?

Sponsored Links